2015年7月20日月曜日

ブティ ラバンジンのサシェ

ラベンダーの品種改良種のラバンジン。
ラベンダーよりも丈夫で精油の量も多いそうで、南仏ではラバンジンもたくさん生産されています。
ラベンダーよりも少しシャープな香りです。

たまたま手元にラバンジンがあったので、今回はラバンジンのサシェ。
大きさは約15cm×9cm。うしろがポケットになっていて、お好きなかおりのものを入れられるようになっています。
10月開講のブティ教室にてお作りいただけます。

さて、
コクリコのブックマークに引き続き、最近はまってるこの形。
なにかというと・・・
パンピーユというシャンデリア飾りのパーツの形を参考にしています。
こちらは蚤の市で手に入れたもの。
パンピーユには、涙型や楕円など様々な形がありますが、この写真のようなパンピーユの形に心惹かれます。
シャンデリア飾りに限らず、ペーパーアイテムや木製・布製のオーナメントなど様々なアイテムに使われるこの形、様式としてはバロックの形に分類されると思います。

バロックという語は「いびつな真珠」を意味するbaroccoというポルトガル語が語源と言われています。
それ以前のルネサンス様式は調和を重視したのに対し、バロックは躍動的でドラマチック。曲線を多用し凝った装飾が特徴です。

このパンピーユも、曲線で構成され華やかできれいな形というのが第一印象ですが、観察していると、なかなか個性的で面白い形をしているなぁと、ずっと眺めていたくなります。

今日はラバンジンの話からバロックの話まで、だいぶ話がとんでしまいました・・・。
書きたいことはたくさんあるのですが、また次回。
おやすみなさい。

*「パンピーユ」は、ふさ飾りや、アクセサリー、オーナメントなど、つりさげて飾るもの全般を指す言葉でもあります。

ブティ教室のご案内はこちらです。どうぞお気軽にお問い合わせください。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
#boutis #ブティ #ブティ教室 #broderie #embroidery #刺しゅう #刺しゅう教室 #broderie blanche #白糸刺繍 #ワークショップ #レッスン #フランス #南フランス #手芸 #クラフト

0 件のコメント:

コメントを投稿