2016年5月13日金曜日

アンティークの白糸刺しゅう

フランスの蚤の市で見つけた1900年代初め頃の白糸刺しゅうのイニシャル。
この刺しゅう部分だけ切り取られた状態で売られていたので、何かに仕立て直そうと思っていたところ、ニードルブックになりました。

余白部分が1cmくらいしかない部分もあって、折り返して縫うこともできないため、
グログランリボンで周りをぐるっと。
ステッチの裏側も美しいので、あえて裏地は付けないことに。

グラスパールのヴィンテージパーツを付けました。
ページ数多め。たくさん針を収納できます。



*****教室のご案内*****
*吉祥寺のクラスは現在満席です。
キャンセル待ちはお問い合わせください。

カルチャースクールのブティ講座
刺しゅうの定期レッスン
***********************


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿